実習の重要性

障害者枠の就活では選考過程で実習が多く取り入れられています。企業によって実習は採用選考を兼ねるところと採用判断に影響がないところがあります。企業としても応募者としても実際の現場で働くことができるか、採用前に確認できることがメリットです。

実習のメリット①就労イメージを具体的に持つ

発達障害をお持ちの方の就活が停滞してしまう原因の1つとして、求人情報を見ても自分がその企業・職種で働いているイメージを持ちづらいということがあります。
企業研究をしたり応募して面接を受け面接官と話をしてみるなど、まず行動してみてイメージをつかむことができればよいのですが、イメージを持てないと行動しづらいという特性から、どうしても停滞しがちになるようです。実習ではその職場で実際に行われている業務を体験できるのと、指示をいただく上長をはじめ職場の方々と実際にコミュニケーションを取ることができるので、就労後の自分の姿をイメージしやすくなるというのが、就労意欲やアクションを増やすのに大変大きな利点だと思います

実習のメリット②業務力を現場で確認してもらい、自分の実力が実務で通用するかがわかる

発達障害をお持ちの方には、自己PRをして下さいと言われると、他の人達と比べて群を抜いてできることを伝えなければならず、自分ににはそういう長所はないから自己PRはできないと思ってしまう方もいらっしゃいます。言葉の定義が狭く厳密になりがちな特性から来ているようです。しかし実際には決してそのようなことはなく、与えられた一般的な仕事をきちんとできることも十分アピールポイントになります
実習終了時には企業からのフィードバック面談が実施されることも多く、企業視点での客観的な自分の実力の評価を受けることができます。また選考を兼ねている場合、通常の選考のフロー(書類審査後面接を複数回重ねて選考が進み内定に至る)と比較して、自分で自分をアピールすることに苦手感があっても、実際の働きぶりでアピールすることができる利点があります。
なお実習参加のチャンスが大きく広がるイベントの一例として、東京しごと財団の「職場体験実習面談会」をあげておきます。
ページの先頭へ